サウナ

サウナ日記#4上方温泉一休~新規開拓もいとをかし~

2020.11.06
~今回のサウナ~

#4上方温泉一休

【所在地】:大阪

【料金】:750円

 

【概要】

木のゆ=薫り立つ木の香が源泉と溶け合い清々しく鼻孔を刺激する。

石のゆ=趣ある石の風情。硬質な肌触りや豊かな岩の表情を愉しむ。

【アクセス】JR環状線/阪神なんば線「西九条」駅下車 一休送迎バス

【ホームページURL】https://www.onsen19.com/feature.html

今日のために一週間仕事を頑張ってきたといっても過言ではありません。

サウナに行きたくて、ととのいたくて。。ずっと一週間ソワソワしてました。

今回行ってきたのは「街の湯治場 上方温泉 ”一休”」です。

私の会社から自宅までの途中にある憩いの場です。というか昨日知りました。(笑)

まさかこんな場所に温泉があるとは・・・これは条件的にも行きつけの一つになりそうです。

行きつけのサウナの幅を広げるためにたまに新規開拓もするのですが、今回は成功しましたね。

店内に入ると少し温度が高めで暖かい。

これは風呂上りは暑くなってしまいそうだから一旦外気浴して涼んでから上がる必要があるな~と考えながら入浴券を購入。ここまではいつものルーティーン。

値段は750円。今まで通ってきた銭湯に比べ少し安い。

さらに10回分の回数券を買えばもっと安く通うことが出来る。今回は初めてなので通常の入浴券を購入しました。

脱衣所から風呂内に入るとまずは珍しい作りに驚きました。

脱衣所の扉を開けると、いきなり露天風呂&外気浴場がある外に出ます。

少しまっすぐ進むとようやく体を洗うシャワー場へ行くことが出来ます。そして一番奥にはサウナが待ち構えています。

辺りを見渡すとその作りが理解できました。

快適に過ごすための「人の動線」が工夫されていることに気づきました。

体を洗い、室内温泉で暖まりサウナに入って露天風呂または外気浴場へ行くまでに一度も交差しません。道なりに進めばそれらを楽しむことが出来ます。
そしてそのまま脱衣所へ向かうこともできますし、またサウナへ進むことも出来るのです。

また、外気浴場にはスチームサウナ室が設置されており、こちらでもサウナを楽しむことが出来ます。

私のサウナの基準の一つに外気浴場の設備の良さが挙げられますが、夜空が見え、夜風に当たることができ、リクライニングのベッドが設置してあるそんな場所です。

これはととのうには絶対に欠かすことのできないものです。

 

一休のサウナは中央下手に大きなヒーターがあり、そこから階段が4段設置してあるつくりでした。座る段差を変えることで80~95℃程度の温度調節を自分でコントロールできます。

今回私は、1回目は3段目で12分汗を流した後水風呂に入り、外気浴場のリクライニングベッドで休憩。

2回目は1段目で12分汗を流した後水風呂に入り、外気浴場のイスで休憩。

3回目はスチームサウナで10分間汗を流し、そのまま高温サウナの5段目で15分間汗を流した後水風呂に入り、外気浴場のリクライニングベッドで休憩。

最後に露天風呂で暖まりました。

サウナの温度や時間を変えてみたり、スチームサウナに入ってみたりといろいろ試してみましたが3回ともすべてととのうことが出来ました。

本当に気持ちよかったです。

前々回の記事で書きましたが、

人が多すぎないことがやはり良かったと感じました。

そのおかげで自己最長の2時間半も風呂内に居てしまってましたケド。(笑)

 

さて今日のサ飯はこちらです。

「豚すき御前」でした。今日は少し贅沢をしてみました。

サウナ上がりの気持ち良い状態で食べるホカホカご飯はやっぱり最高だね!どうせならサウナにもサ飯にもこだわらなきゃね!

リラックスタイムには常にベストを尽くします。(笑)

ということで今回は新しいサウナを求めて新規開拓したわけですが、

また良さげなところがあったら行ってみたいなと思います。

 

では、また👋

ABOUT ME
ヒロ
社会人2年目/23歳/趣味はゲーム・サウナ・サッカー&フットサル・読書・BABYMETALです。 ヒロの人生放浪記1(はてブ版)→https://t-nero.hatenablog.com/